TOP
mbmy3_banner
GOODSbanner
roadshow-date
news
talk
donation

ただいまの寄付額

𝟔𝟕,𝟓𝟎𝟎円

(𝟏𝟐月𝟒日(日) 𝟏𝟐時)

『サポート・ザ・ガールズ』は配収の一部を<日本映画業界の「ジェンダーギャップ・労働環境・若手人材不足」を検証し、課題解決するために「調査および提言」を行う非営利型の一般社団法人・Japanese Film Project(通称JFP )>に寄付致します。

Trailer

Introduction

オバマ元大統領も認めた現代のガールズパワームービー!

日常の生活に蔓延する女性蔑視と人種差別に、友情と信念で立ち向かう女性たちを描き出した『サポート・ザ・ガールズ』は“マンブルコアのゴッドファーザー”とも名高いアンドリュー・ブジャルスキーがメガホンを執った。
一見「どこにでも存在する」、だが誰もが知っている「違和感」をパワフルかつユーモラスに切り取った本作は、SXSWを皮切りに世界中の映画ファンを魅了。毎年発表されているオバマ元大統領が発表するフェイバリットにも選出された。

俳優陣たちの演技は見事ながら、主人公リサを演じたレジーナ・ホールの存在感は群を抜き、ニューヨーク映画批評家協会賞の主演女優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞・ノミネートを果たした。
そんな俳優たちの確かな演技と、見過ごされそうな些細な差別や偏見を丁寧に切り取ったアンドリュー・ブジャルスキー監督の手腕が見事に合わさった本作は、まさしく“現代のガールズパワームービー”と呼ぶにふさわしい傑作映画である。

シスターフッドは強くなる。

Story

わたしたちは、わたしたちの力で前に進む。

リサ・コンロイ(レジーナ・ホール)は高速道路沿いにあるスポーツバー、ダブル・ワミーズでマネージャーを務めていた。 彼女は高圧的で人種差別を行う店のオーナーであるカビーに嫌気がさしており、また日常的に行われる客からの従業員の女の子たちへの嫌がらせやセクハラなどへの対処に頭を悩ませているが、その面倒見の良さから従業員や常連客からの信頼は厚い。

ある日、リサは暴力的な彼氏との間で揉め事を起こし裁判沙汰になっている店員のシャイナ(ジャナ・クレイマー)のため、「シスターフッド・ファンド(姉妹のための募金)」と名付けた洗車サービスを開始するも、カビーからその違法なサービスを咎められ、募金で得た金を全て没収されそうになる。

かねてよりそりが合わない二人はぶつかり合い、ついにリサはガビーからクビを言い渡される。しかし彼女を慕うメイシー(ヘイリー・ルー・リチャードソン)やダニエレ(シャイナ・ マクヘイル)らの店員は、リサの解雇に反発し、スポーツバーが賑わう格闘技の試合がある夜にストライキを画策するのだが…。

sub1 sub3 sub2

Director

アンドリュー・ブジャルスキー

アンドリュー・ブジャルスキー

(監督/脚本)

Andrew Bujalski


アメリカの映画監督、脚本家、俳優で、アメリカのインディペンデント映画の潮流のひとつであるマンブルコアのゴッドファーザーと言われている。ハーバード大学の視覚環境学科で映画を学び、ベルギーの映画監督シャンタル・アケルマンに指導を受ける。初長編映画Funny Ha Ha(2002)は、ニューヨーク・タイムズ紙の批評家A・O・スコットによって、00年代の最も影響力のある映画のひとつと呼ばれた。  
また、Mutual Appreciation(2005)、Beeswax(2009)、Computer Chess(2013)、『成果』(2015)の脚本と監督を務め、サンダンスやベルリンなどの世界各地の映画祭で上映されたほか、2014年にはホイットニー・ビエンナーレにも参加。ボストン・グローブ紙は、彼を「実に礼儀正しく、ややだらしない」と評した。近年では、実写版『わんわん物語』(2019)の脚本なども務めている。

Director's massage

「もしレストランのウェイトレスが全員、胸の谷間が見えるタイトなホルターネックのトップスを着ていたら?」

 この発想は、非常に安易なビジネスコンセプトのように思えます。しかし、 私はこのコンセプトが持つ根本的な異様さが頭から離れませんでした。ストリップクラブの要素が10%、ティージーアイ・フライデーズ、アップルビーズ、チリーズ・グリル・アンド・バー、 クラッカーバレルといったファミリーレストランの要素が90%の割合で存在する商業施設が大衆に受け入れられるというのは、現代のアメリカ以外の文化ではありえないでしょう。ストリッパーの役割は男性に自分がワルになったような気分にさせることです。

一方、この映画に登場するウェイトレスの女性たちの役割は、 男性を「普通の人」、いわゆる「元気で男らしいアメリカ人男性」の気分にさせることなのです。 本作のようなアメリカの日常生活のひとコマを舞台にした物語はあまり見られませんが、それには理由があります。壮大なドラマの展開にも、大笑いするようなコメディにも向いていないからです。

 

しかし、そこには矛盾が満ちており、微妙な精神的葛藤の場面が信じられないほど多く存在します。私は、そのような場面を当事者の視点から描き切ることはできないと思いました。そこで、マネージャーのリサというアウトサイダーのキャラクターを考えたのです。

リサは、 オープンで愛に満ちた精神を持っていますが、同時に自分自身の病理をたくさん抱えています。彼女がそこに足を踏み入れた時、何を発見するのだろうと考えを巡らせました。 いろいろな意味で非常に特殊な話ではありますが、生活のために働いたことのある人なら誰でも共感してもらえると思います。私たちのほとんどは、生活費を稼ぐために狂った「コンセプト」を買ったり売ったりしなければならず、時に、ユーモアと尊厳を勤務時間の終わりまで持ち続けられるのか、わからなくなるのです。

screaming

Cast

  • レジーナ・ホール

    レジーナ・ホール
    (リサ)

    Regina Hall

  • ヘイリー・ルー・リチャードソン

    ヘイリー・ルー・リチャードソン
    (メイシー)

    Haley Lu Richardson

  • シャイナ・マクヘイル

    シャイナ・マクヘイル
    (ダニエレ)

    Shayna Mc Hayle

  • ジェームズ・レグロス

    ジェームズ・レグロス
    (カビー)

    James Le Gros

  • ディラン・ゲルーラ

    ディラン・ゲルーラ
    (ジェネル)

    Dylan Gelula

  • アマンダ・ミシェルカ

    アマンダ・ミシェルカ
    (クリスタ)

    Amanda Joy Michalka

Comment

(敬称略/順不同)

Theater

▼関東

都道府県 劇場 公開日
東京 上映終了
神奈川 上映終了
茨城 1/21(土)【1日限定】

▼中部

都道府県 劇場 公開日
長野 11/19(金)〜
富山 上映終了

▼近畿

都道府県 劇場 公開日
大阪 12/17(土)〜
京都 12/9(金)〜

▼九州

都道府県 劇場 公開日
福岡 11/22(火)〜11/24(木)【追加上映】